ニキビができなければニキビ跡も残らない!ニキビの対策方法を知ろう

ニキビができる原因とは

ニキビは美肌を手に入れたい女性にとって大敵です。ニキビも嫌ですが、ニキビが治った後に出来るニキビ跡は、ニキビよりも厄介ですよね。ニキビ跡を残さないためには、ニキビができない肌を作る事でしょう。そのためには、まずはニキビができる原因を知る事です。ニキビができる原因は毛穴のつまりです。皮脂が過剰に分泌し、肌のターンオーバーが乱れることによって角質が溜まる事によってつまります。オイリー肌、ストレス、脂分や糖分の過剰摂取、ホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアなどにより皮脂が過剰に分泌してしまうのですよ。

スキンケアでニキビ対策しよう

ニキビ対策のためには、毛穴をつまらせないようにする事が大切なのがわかりましたよね。そのためには、毎日のスキンケアがとても重要です。洗顔で毛穴の汚れを取り除き、化粧水で潤いを与えて毛穴を引き締めてあげます。そして水分が蒸発しないように、クリームで蓋をしてあげましょう。この基本的なスキンケアでもニキビができる場合には、肌に古い角質が溜まっていたり、肌内部が乾燥している可能性もあります。その時の自分の肌の状態を理解して、スキンケアを変えることも必要ですよね。

生活習慣を改善しよう

ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因で起こり、さらにアクネ菌が入り込む事によって悪化してしまいます。ニキビのでき始めは、白ニキビと呼ばれており、白くぷくっとした状態です。この時に直してしまえば、悪化することなく、ニキビ跡も残らず完治させる事ができるのですよ。そのためには、スキンケアとそして規則正しい生活習慣が必要となります。野菜や果物を多めに食べ、油分や糖分は控えるようにします。また睡眠は成長ホルモンの分泌を促すので、美肌つくりにはとても重要なのですよ。夜更かしせずに早寝早起きを心がけましょう。

ニキビ跡が形成されると表皮が凹凸になって見栄えが悪くなります。また、一度形成されると自然には消えないので、美肌を保つためには病院でニキビ除去の治療を受け、自分で毟らないようにすることが大切です。