わきがは治療すれば治せるの?治療方法3つ

まずはわきがの原因を知ろう

汗をかくと気になるのがにおいですよね。汗のにおいとは違った、独特のにおいが出てしまうのがわきがです。コンプレックスに感じている人も多いでしょう。実はこのわきがは、治療すれば改善や緩和させる事ができるのですよ。治療の前に、まずわきがの原因を知る事が必要ですよね。わきがは、アポクリン汗腺から出る汗に、菌が混ざる事からにおいが発生します。そのためアポクリン汗腺の除去、汗を抑える、菌の繁殖を防ぐことによって改善できるようになります。

手術で根本的な原因を取り除く

わきが治療で昔から行われており、効果が高いと言われているのが剪除法です。これは手術が必要な方法です。脇の下を切開して、目でい見て確かめながら、アポクリン汗腺を取り除くという方法なのですよ。直接原因を取り除くことができるため、症状が重い方でも改善が期待されているのです。また条件によっては保険が適応されるので、高額な治療費を負担に感じることなく、改善する事ができます。傷跡が残る場合もあるため、しっかりと医師と相談するのが良いですよね。

手術の必要がない治療法とは

わきがの治療には、手術の必要がなく傷を残さない方法もあります。その方法は、電子レンジにも利用されている電磁波を使って、アポクリン汗腺に熱を与えて破壊する方法です。電磁波を肌にあてるだけでなので、肌を切開する必要がなく、傷が残る心配がないと注目されているのですよ。手術と変わらない高い効果あるため、利用者も増えています。そして、症状が比較的軽い場合には、ボトックス注射で汗を抑えるという方法もあります。注射するだけで簡単ですが、半年ほどで効果が薄れてしまいます。

わきがとは脇の部分からすっぱいような独特の臭いがする症状のことをいい、病気のように思われますが病気ではなく体質です。