魔法の注射!ボトックスのメリットとデメリット

ボトックスを打つ場所による効果

ボツリヌス菌と言う細菌から出るポツリヌストキシンと言う毒素を、注射する施術をボトックスと言います。ボトックスには筋肉の動きを制御する効果があるので、気になる部分に注射するとその箇所を細くする事ができます。注射する主な箇所は小顔効果を狙いエラや頬と、ししゃも足を防ぐ為のふくらはぎが多いです。そしてもう一つボトックスには脇下に注射する事で汗を出す為の神経の伝達をブロックする効果もあるので、多汗症の汗を少なくする事が出来ます。

プチ整形の魅力と医師選びの大切さ

一般的にボトックスで使う注射の針は極細な為、痛みが少ない上腫れや内出血になりずらいというメリットがあります。施術時間は約10分程で終わり、料金は使うボトックスの量によって違いますが約3万円から15万円程です。術後すぐメイク可能でダウンタイムが少ない為、短時間で綺麗になれる施術としてプチ整形とも呼ばれています。しかしその一方で打つ量や場所の判断を間違うと不自然な表情になる事もある為、信頼できる医師を選ぶ事が大切です。

ボトックスのデメリットと対策

プチ整形として気軽にボトックスの施術を受ける人が増えましたが、実はボトックスを行う事によるデメリットもあります。ボトックスは約1年程度で元に戻ってしまう為、継続して施術する必要があります。そしてもう一つボトックスをした箇所の筋肉が小さくなった事によって、その上の皮膚がたるんで見えると言う事です。その為ボトックスした個所はしっかりケアして肌のハリを補う事で、ボトックスの効果が長持ちし施術回数を減らす事が出来ます。

ボトックスは、しみやそばかす、たるみなどの肌トラブルの改善の効果が期待できることもあり、肌質の強化に大きく役立ちます。